スモールビジネスのセールスポイントは「あたりまえの事」をきっちり伝える

日本一。
とはいかなくても、地域ナンバーワン。
業界初。
なんとかランキング1位!
ほにゃらら賞受賞。

こういったアピールポイントはとても分かりやすいですし、とても効果的です。もちろんここまで行かなくても、周りでほとんどやっていない取り組みとか、技術力とか、特異なアピールポイントは皆さん重要だというのはよくご存じだと思います。

ですが、ホームページ制作においては当たり前のこともとても重要です。
技術にこだわっている方、仕事に誠実な方ほど、当たり前のことを出そうとなさらないのです。これはあたりまえ、胸を張って言うようなことじゃない。

それは多分、その通りなのだと思います。
ですが、ホームページ制作においてはちょっと事情が異なります。
ホームページは大抵、あまりあったことのない方、よくあなたの事を知らない人が見ます。あなたが誠実でまじめかも知らない人です。

事前情報が何もない状態でホームページを見た時、当たり前のことを書いているサイトと書いてないサイトがあればどうでしょう?

「書いていないことは出来ない事」と捉えられかねません。
それではせっかくのアピールポイントも魅力半減です。

なので、時間を守りますとか、決めたとおりに納めますとかも、セールスポイントとして書いてください。ただ、書き方だけは工夫してください。
「十分なコミュニケーションで安心」とか。「お客様の要望をチーム全体で共有」とか。少し角度を変えてそれっぽく表現してください。

ホームページ制作の簡単な方法はどこにもない

だれでもできる。
簡単にできる。
すぐできる。
専門の知識はいらない。
5分で出来る。
19800円で出来る。

こういううたい文句のホームページ制作サービスをよく目にします。
もちろんこれが嘘だっていうわけじゃありません。
きっと本当なのです。
簡単にホームページを更新できるシステムを、いろいろ工夫を重ねて作っています。

なのですが、いざ作ろうとすると、これが簡単な方と、難しい方が出てきます。操作自体は簡単なのですが、一つ大きな問題があります。
あなたは文章を考えるのは得意ですか?
得意であるなら、きっとこのようなホームページ制作の仕組みが役に立ちます。こういったサービスのほとんどは自分で考えた文章を簡単に組み立てられるように工夫されて作られています。

何を書くかが簡単ではない人には、まず、こういうツールを使う前に、サイトで何を伝えるかをどう作るかという事が大きな壁として立ちはだかることがあります。ここが得意な方は問題ないのですが、苦手な方にはなかなかの難関となります。

残念ながら、ここが苦手な方には、ホームページを簡単につくることはできません。頑張るしかありません。

スタッフさんが1日考えて何もできてない

ホームページ更新に担当スタッフさんがホームページの調べ物をするのにどれくらいの時間をかけてもいいでしょうか? 我々の場合はこれが本業ですので、1日調べてできないという事があっても、調べたことは知識の蓄積になるので大丈夫です。何件かに一件はそういうことがあり、研究という事になります。

ですが、社内のホームページ担当スタッフさんにどれくらいその時間をつくれるでしょうか。専業スタッフならその方の成長も大切ですので、ある程度時間を確保できると思います。ですが兼業の場合、ホームページの更新以外の業務がメインという方がほとんどです。そういう方が考えて考えて分からない・・・という状況を良しと出来るでしょうか。

この判断は経営者次第なのですが、あくまで淡々とこなしてほしいというときは、方法は一つです。

考える余地を無くして、作業のマニュアル化です。

考える余地が出た時は、そのホームページを作った制作会社に相談するとか、気軽に相談できる人を見つけておけばいいわけです。

いまどき7年契約!?

ビジネスモデルとしてはちょっとうらやましいのですが、飲食店向けのアプリ開発サービスで7年契約で営業してくるツワモノがいらっしゃると知人から聞きました。

ネットの変化はすごく早いので、3-4年先に何が標準になっているか予測は難しいです。7年契約なんて、私には到底できない芸当です。ウェブ関連の費用をプリンターなどのリースのような感覚で売ってくるという事業者がずーっと昔からいるのですが、本当に技術の変化が早いので、なにごとも2-3年で見直しが必要になると思っておいたほうがいいです。

もちろん、上手くいけば継続すればいいのです。上手くいくなら7年契約は問題ありません。問題は、上手くいかないときです。これだけ技術の変化が早いともっと手軽に試して、手軽に撤退できる方法がベターです。せいぜい2年契約ではないでしょうか。

契約期間が3年以上のサービスは警戒してください。判断が難しいときは周りのウェブに詳しい人に相談してください。総額で100万程度の小規模ビジネス向けのインターネットサービスにおいて、長期契約は基本必要ないと思っていいと思います。

※システム開発はこの限りではありません。

WordPressのあたらしいインターフェース

ワードプレスの投稿画面が新しくなるようで、今ベータ版が出ています。ためにし使ってみますが、かなり使いやすいです。

といいますか、そもそもこれくらいの使いやすさで更新できるようにデザイナーはデザインすべきですね。中身づくりに集中すべきです。