デザインはセンスではなく知識です

一時期、とある職業訓練校でホームページデザインの講師をしておりました。職業訓練校なので、二十歳すぎに人から還暦近い方までいろんな方がいらっしゃいました。

そこで実感したことなのですが、デザインはセンスではなく、知識だという事です。年齢やキャリアも多種多様で、かなり偏差値の高い方もいらっしゃいましたし、美術系の学校を卒業している人もいました。デザインに関する知識を持っている人もいれば、全く未経験の人もいました。

ですから、デザイン能力は本当にピンキリでした。ピンキリでしたが、一つ言えることは、教えることは何もないレベルの人は一人もいませんでした。といいますか、デザインの基礎的な知識が無い方ばかりでした。

センスのいい人は結構いらっしゃいました。理解力の高い方もいらっしゃいました。だいたい10人中、2~3人はデザインセンスが高く、経験を積めばいいデザイナーになれそうでした。

とはいえ、即戦力クラスの人はいません。

これはどういうことかというと、デザインはセンスではなく、知識によるところが大きいという事です。きちんと学べば、センスは普通にあれば大丈夫です。
たまーに、ものすごく早く「できた」という方がいらっしゃいました。全然できていないのですが。そういう方は、まず、理想形が描けていないんですよね。さすがにそういう方は、ちょっと道のりが長いかもしれません。

というわけで、学習すればデザインはうまくなるのですが、問題は、独学が難しいという事です。
その理由については、ページを改めて説明します。