言葉の定義ははっきりしてても、その前が曖昧ですやん。

その前。つまり。頭の中。
頭の中は常に無段階。
どこからどこという境界がはっきりしないもの。
生き物のサガと言いますか、そこは如何ともしがたい現実です。

でも、ひとは考える。

考えて、言葉にする。

曖昧が本質な思考を、言葉にすることで固定化する。
思考するときに言葉を使うから、言葉と思考はイコールなようで、実はそうではない。

泣いたり、笑ったり、囁いたり、怒鳴ったり。
手を振り回したり、うろうろしたり。

言葉が通じなくても、怒っているのか、楽しんでいるのか、悲しんでいるのか、喜んでいるのか、大体わかる。

何か自己表現を言葉だけでするというのは、実は、ものすごく機能制限された状態だってことです。

みんなへたくそで当然。
ツイートするときは人格変わる人はいっぱいいる。
ただでさえ表現手段を制限されているうえに、言葉にも重大な欠陥がある。

それは、言葉の定義。

言葉の定義は辞書を見ればハッキリする。
するけど、でも、意味は一つだけじゃないことがある。

たとえば「意味」

い‐み【意味】

[名](スル)

  1. 言葉が示す内容。また、言葉がある物事を示すこと。
  2. ある表現・行為によって示され、あるいはそこに含み隠されている内容。また、表現・行為がある内容を示すこと。
  3. 価値。重要性。

goo辞書より

内容ととるのと、重要性ととるのではだいぶん話が違ってくる。

意味がないよ。

は、価値がないってことなのか、内容がないってことなのか。

これはもともと曖昧な人の感情が言葉の源泉なので、ゆらぎがあって当然で、時代とともに変わっても行く。

そう。

だから結局言葉って、超曖昧なんです。