テスト

誰でもデザイナーになれる
CANVAがあれば。

デザインは特殊なスキルだと思っていませんか?
専門の学習をしないと使えない技術だとおもっちませんか?
確かに、かつてはそうだったかもしれません。
でも現在では、デザインはけして特別な人だけのものではありません。
デザインは誰にでも使えるスキルです。
それを可能にする環境が整ってきました。
例えば5Gなどのインターネット環境。例えばスマホのカメラの性能。
かつてのプロツールをはるかにしのぐスペックの端末を、今やだれもが日常使いしています。
AIが文章を考えてくれます。何年かけても全部見切ることのできないデザイン素材が無料で使えたりします。少しお金を払えばプロのデザイナーが作った素材をいくらでも使えます。
誰でもデザイナーになれる環境が整ってきています。
後は行動あるのみ!

デザインを内製化するメリット

デザインは特殊なスキルだと思っていませんか?
専門の学習をしないと使えない技術だとおもっちませんか?
確かに、かつてはそうだったかもしれません。
でも現在では、デザインはけして特別な人だけのものではありません。
デザインは誰にでも使えるスキルです。
それを可能にする環境が整ってきました。
例えば5Gなどのインターネット環境。例えばスマホのカメラの性能。
かつてのプロツールをはるかにしのぐスペックの端末を、今やだれもが日常使いしています。
AIが文章を考えてくれます。何年かけても全部見切ることのできないデザイン素材が無料で使えたりします。少しお金を払えばプロのデザイナーが作った素材をいくらでも使えます。
誰でもデザイナーになれる環境が整ってきています。
後は行動あるのみ!

情報発信を内製化!
CANVAがあれば。

デザインは特殊なスキルだと思っていませんか?
専門の学習をしないと使えない技術だとおもっちませんか?
確かに、かつてはそうだったかもしれません。
でも現在では、デザインはけして特別な人だけのものではありません。
デザインは誰にでも使えるスキルです。
それを可能にする環境が整ってきました。
例えば5Gなどのインターネット環境。例えばスマホのカメラの性能。
かつてのプロツールをはるかにしのぐスペックの端末を、今やだれもが日常使いしています。
AIが文章を考えてくれます。何年かけても全部見切ることのできないデザイン素材が無料で使えたりします。少しお金を払えばプロのデザイナーが作った素材をいくらでも使えます。
誰でもデザイナーになれる環境が整ってきています。
後は行動あるのみ!

デザインを内製化するメリット

デザインを内製化することにはいくつかのメリットがあります。
以下に、デザインを内製化する際のメリットを詳しく説明します。

スムーズな意思疎通ができる:
社内でデザインを行う場合、コミュニケーションが円滑に行えます。
プロジェクトの進捗や修正の要望などを直接共有できるため、効率的に作業を進めることができます。

社内にノウハウや知見がたまる:
社内でデザインを行うことで、経験やノウハウが蓄積されます。
他のプロジェクトにも活かせる知識やスキルが増えるため、長期的な視点でのメリットがあります。

社風に合うデザインが仕上がりやすい:
社内の文化やブランドイメージに合ったデザインを作成しやすいです。
社内の価値観やトーン&マナーを理解しているため、一貫性のあるデザインが実現できます。

急な案件にも対応できる:
社内のデザイナーは、急な案件にも柔軟に対応できます。
緊急の修正や変更が必要な場合でも、社内リソースを活用して迅速に対応できます。
デザインを内製化することで、社内のニーズに合ったデザインを効率的に作成できるため、多くの企業がこのアプローチを選択しています

デザインを内製化するデメリット

クオリティのばらつき: 社内でデザインを行う場合、担当者によってクオリティに差が出ることがあります。
デザインの経験やスキルによって、成果物の品質が異なる可能性があります。

スキルの上達に時間がかかる:
社内のデザイナーが新しいスキルを習得するには時間がかかります。
デザインのトレンドや技術は常に変化しているため、アップデートに追いつく必要があります。

継続的な固定費(人件費)が発生する:
社内でデザインを行う場合、人件費が発生します。
給与や福利厚生、社会保険などのコストがかかります。

人材の確保が難しい:
優れたデザイナーを採用することは難しい場合があります。
需要が高いデザイナーは競争率が高く、採用が難しいことがあります。

デメリットもCanvaで解決

クオリティのばらつき:
デザインの経験やスキルがなくても使えるツールです。テンプレートが豊富にあり、制作データの共有ができるため個人の差を埋めやすい仕組みになっています。

スキルの上達に時間がかかる:
プロのツールではないため機能はシンプル。AIなどの技術も積極的に取り入れて日々アップデートされ、最新のトレンドも容易に使えます。

継続的な固定費(人件費)が発生する:
技術の習得が簡単なため、専属でなくても利用可能です。仕事のできる範囲が増えて効率化にも。

人材の確保が難しい:
ワードやエクセルの基本的な操作ができるくらいのパソコンスキルがあれば誰でも習得できます。特別な人材は必要ありません。

パートナーシップで
ビジネスを効率化

デザインは特殊なスキルだと思っていませんか?
専門の学習をしないと使えない技術だとおもっちませんか?
確かに、かつてはそうだったかもしれません。
でも現在では、デザインはけして特別な人だけのものではありません。
デザインは誰にでも使えるスキルです。
それを可能にする環境が整ってきました。
例えば5Gなどのインターネット環境。例えばスマホのカメラの性能。
かつてのプロツールをはるかにしのぐスペックの端末を、今やだれもが日常使いしています。
AIが文章を考えてくれます。何年かけても全部見切ることのできないデザイン素材が無料で使えたりします。少しお金を払えばプロのデザイナーが作った素材をいくらでも使えます。
誰でもデザイナーになれる環境が整ってきています。
後は行動あるのみ!

デザインの内製化に関するアンケートや統計データをいくつか紹介します。

企業経営へのデザイン活用度調査結果:
公益財団法人日本デザイン振興会と株式会社三菱総合研究所が共同で実施した調査によると、デザイン経営に積極的な企業ほど高い売上成長を実現していることが示されています。
特にエンドユーザー向け企業やデジタルに積極的な企業は、デザイン経営に取り組むことで顕著な成果を上げています。

制作物の内製率に関する調査:
アドビ システムズが行った調査によると、店舗や店内で使用するPOPなどの制作物の内製率は70%です。
内製化する理由として「コスト削減」「リードタイム短縮」「更新や修正を自分で行える」などが挙げられています。

Webサイト制作の実態に関する調査:
内製化による効果として、62%が「メンテナンスや更新が迅速に行える」、59%が「Web制作がスピードアップする」、56%が「PDCAサイクルを早めることができる」と回答しています。br> これらの調査結果は、デザインの内製化が企業にとって有益であることを示しています。