XMLサイトマップを設置

Google Consoleからのアドバイスで「サイトマップ」を送れというのが出てきます。

このサイトマップとはいわゆるよくあるサイトマップページのことじゃありません。

XMLサイトマップとは、ウェブサイト内の各ページのURLや優先度、最終更新日、更新頻度などを記述したXML形式のファイルです。
検索エンジンはクローラーと呼ばれる巡回ロボットによって、ウェブ上の多くのコンテンツを取得しています。
このクローラーはリンクを辿って巡回する方法が一般的ですが、XMLサイトマップがあればそれも参考にしてウェブサイト内の各ページを巡回します。

XMLサイトマップとは
(GoogleクローラのSEO)

もうなんていうんでしょ。

グーグルさんもウェブサイトのルール作りに必死といいますか、といいますか検索がグーグルの独占状態になっているのでそれはそれで当然なのかもしれません。
なにはともあれ、SEO対策でググるとグーグル様の言うことを聞けというアドバイスばかりです。
さて、というわけでこのサイトマップを作りたいのですが、これはいわゆるXMLというやつで、いちいち手で書くのはやっかいです。

wordpressの場合はプラグインがあります。
私もXML-sitemap をインストールしました。
これで自動生成してくれます。(くわしくは上記リンクのブログ参照)

sitemap0

これは数日前に登録したあとのGoogle Consoleのサイトマップ画面です。
こうやってちゃーんとグーグルは見てますよーといってくれます。

サイトマップがなくてもグーグルさんはチェックしてくれるのですが、でもこれがあるとSEOをちゃんとやろうとしている側からすると、たしかにグーグルにみられているという証拠になるので、もし上位に上がらなくてもグーグルにみられていない下層性は疑わなくって住むということです。

見られても、すぐには上がりません。

本日、まだ圏外。。。

cavycraft の紹介

Webデザイン事務所 CavyCraft -ケイビークラフト- 代表です。
カテゴリー: SEO, SEOで圏外から1位を目指す!   パーマリンク

コメントは受け付けていません。