【META】 IEのイメージツールバーとスマートタグのMETAタグ属性

よくわからないMETAタグの世界について整理していきます。

IE用の2つのコード、
imagetoolbarとMSSmartTagsPreventParsingについてです。

http-equiv属性 【imagetoolbar】
こちらはいまさらですが、
イメージツールバーというやつで、IE6に採用されていた画像用のツールバーです。
マウスオーバーで出てきてうっとうしいので出ないようにしたい場合、
METAタグでオフにできます。
とはいえ、すでにシェア数%になってますので、もう忘れてもいいのかな。

デフォルトではIE側の設定に従って、
オフにするときは
<meta http-equiv=”imagetoolbar” content=”false”>

で、それはいいのですが、
もうひとつ、あまりよく知らないものに出くわしたので、こちらが本題です。

http-equiv属性 【MSSmartTagsPreventParsing 】

<meta name=”MSSmartTagsPreventParsing” content=”true” />
↑こう記述することで、「スマートタグ」なるものを機能するのを防ぐことを有効にするMETAタグです。防ぐ機能なので、trueにするとスマートタグが機能しないというものだそうです。

ていうか、スマートタグって何すか?

ググってみますれば要はマイクロソフトの機能のようでして、
ワード2003のヘルプには次のようにありました。

『スマート タグが含まれる Word 文書を Web ページとして保存すると、Microsoft Internet Explorer 5 以降を使用して一部のタスクを Web 上で実行することができます。』
http://office.microsoft.com/ja-jp/word-help/HP003083304.aspx

ほかにも.netやらなにやらマイクロソフト系のなにかで使えるとかなんとかというかんじなのですが、肝心のIEに関連する記事が少なくてよくわかりません。
英語ページをどうにかこうにか読んでみますと、どうも古い技術でIE6のベータ版にあっただけで、それ以外では採用されていないようですので、今では不要のようです。

消えかけのIE6の、さらにベータ版すか。
調べる必要なかったかな^^;
なんか、調べてさらにもやもや。。。

cavycraft の紹介

Webデザイン事務所 CavyCraft -ケイビークラフト- 代表です。
カテゴリー: METAタグ   パーマリンク

コメントは受け付けていません。